アルカナのカード

タロット占い

電話占いでも用いられているタロットカードは、とても独特な模様をしています。初めてカードを見た時の印象は、ハッキリ言って「怖い」でした。特にグロテスクな絵が描かれているわけではないのですが、見慣れないタッチで描かれる美しい絵は、当時の私にとって怖いと感じたのです。少し見ただけで、何か特別で、神聖なカードなんだと感じさせられました。ですが、最初はゲームに使用されていたという説があるので、あんなに怖がる必要はなかったのかもしれません。タロット占いでは、模様の描かれたカードを使います。そこに描かれている不思議な絵が、私達に助言を授けてくれるのです。一般的なタロットだと、全部で78枚のカードがあります。その78枚は、大アルカナと呼ばれる22枚と、小アルカナと呼ばれる56枚で構成されています。これを使用して手順に従い、導き出された偶然の結果が私達への何らかのアドバイスなのです。いつだって、物事が起こる時には何か意味があるような気がしています。今まで起きたことを振り返ってみても、どうしてもあの時に起こらなければいけなかった出来事がある気がします。

 

あの時、あの場所に行かなかったら、会えなかった人もいるでしょう。出会い自体は偶然ですが、そこで親しくなったのには何か理由があるはずです。恋愛は、私に色んなことを教えてくれました。そして、自分が本当に大切に思う相手が分かった今、復縁の可能性にかけたいと思っているのです。そういった男女が、多く電話占いを利用しているものです。

 

偶然は必然

近くに占いをしてくれる場所がない場合に便利なのが電話占いです。電話一本あれば簡単に自宅が占い会場に。本格的に占いをしてくれるのでまずは気軽に相談してみてください。付き合うのは簡単で、別れるのも簡単です。でも、復縁は難しいです。それは付き合うよりも、別れるよりも、すごく難しいことなのです。なぜかと言うと、自分だけの気持ちではどうにもならないからです。お付き合いは、ゴリ押しすればなんとか付き合えるかもしれません。ですが、別れには必ず原因があります。別れる時は双方の意見は必ずしも必要じゃありません。よって、双方が合意して別れるってことも滅多にないのかもしれません。こと恋愛において、復縁とはなんと難しいものなのでしょう。私は、振った方も、振られた方も、どちらも経験しています。どちらの場合も、ものすっごい引きずりましたね(笑)。それは素直になれなかった・・・っていうのが一番大きいかもしれません。のんきなもんで、振った立場なのに、彼に早々に新しい彼女ができて、振られた気分になったこともありました。

 

でも一番きつかったのは振られた時です。まだ引きずってんのって友達から思われるのが恥ずかしくて、私は初めてタロット占いで恋愛を占ってみることにしたんです。世の中色んな占いがありますけど、私が好きなのはタロット占いなんです。偶然は必然だと思ってるんで、インスピレーションを大事にするタロット占いが自分に一番合ってるんじゃないかって思うんですよね。ちなみにタロット占いで恋愛を占ったことはあったけど、まさか復縁を占うことになるなんて思っていませんでした。大切な人を思い浮かべながらカードをリーディングする時。それは私にとって神聖とも言える時間です。恋愛─中でも復縁─において、雑念は必要ありません。大切なことは、いつだって偶然という名の必然が教えてくれると信じています。

 

有名な占い

日本でタロットが一大ブームになったのは、今から30~40年ほど前のこと。つまり70年代や80年代に一躍ヒットしたということですが、定期的にブームの波がやってきているようですね。タロットカードはたくさんのデザインがあります。あまりにもたくさんあるので、その正確な数はわかっていないのだとか。一応、日本ではウエイト版と呼ばれるものと、マルセイユ版と呼ばれるものが有名です。ウエイトはイタリア製のもので、マルセイユはフランス製のものです。ここでもやはりフランスとイタリアがツートップという形です。後は、感じるままにカードをひくだけなのです。カードには色々な種類がありますが、カードに聞きたいことはたった一つ。それは、あの人と復縁できるかどうかについてなのです。タロット以外に他に聞ける人もいないので、遊び感覚と言うよりけっこう本気度が高めかもしれません。恋愛では可愛い彼女でいるための努力が必要ですが、できる努力には限界があります。

 

つまり、できることは全てやったと思った時、人は初めて神頼みをするのかもしれません。成功者の面々は、縁起のいいものを大事にしますよね。それを今の自分に置き換えるなら、心境はこういうことになります。「やれるだけのことはやった。あとは、結果を待つのみ」。ですから、私がタロット占いに頼る時っていうのは、自分で精一杯やってもどうしようもない時です。メールもしつこくしなかったし、自分磨きもしたし、悪かった性格に気付けました。なので、こういう時には占いに頼りたくなるものなんだということを知りました。人事を尽くして天命を待つってやつですね。

おすすめの記事