タロットカードとパワーストーン

良い運命を引き寄せる占い

正確な知識が必要

九星気学は、紀元前以前から歴史のある中国の占いで、その人の運命や性格などを、生年月日から占うことができます。九星気学で占う時に気を付けるべきことは、九星気学の占い方をしっかりと把握して、傾斜法などの正しい占い方を用いて占うということです。

傾斜法は、その人の生まれた年と生まれた月を見て、どの傾斜宮に当たるかを割り出す方法で、その人の本質的な性格や運命などを知ることができます。傾斜法を用いる場合には、正しい生年月日で占う必要があり、それぞれの傾斜宮が持つ意味についても、深い知識が必要になります。傾斜法のほかに、生まれ月から割り出す月命星があり、その人の吉方位を知ることもできます。九星気学で運命を予測したり、その人の才能や個性を引き出す手助けになります。

 

プロの占い師に見てもらう

九星気学で自分の運命を知りたい場合、九星気学を専門にしているプロの占い師に見てもらうと良いでしょう。というのも、占い師はそれぞれ得意な占いや専門に学んだ占いがあるので、それぞれの専門の占いの方が詳しくみてもらうことができるのです。

九星気学の占い師を知るためには、インターネットのクチコミサイトなどを見ると、実際に占った人の感想や評判を知ることができます。自分の属する星を知りたい場合には、生まれ年から簡単に本命星を知ることのできる早見表などを載せている占いのサイトを利用すると、手軽に知ることができるメリットがあります。無料の占いのサイトでも、大まかな運勢などを知ることができます。

 

タブーを知ろう

恋愛運が欲しいなら、風水になぞらえて水回りをくまなく掃除してみるのがいいでしょう。また、湿気やカビ、ほこりなどが蓄積されていると恋愛運だけでなく、美容運まで無くなってしまうので注意が必要です。

また、風水ではタブーとされているものがいくつかあるので知っておくといいかもしれません。例えば、オシャレだと思われているモダンな部屋があげられます。他にも、ぬいぐるみやドライフラワーを玄関に置くとよくないといわれています。そして、クッションなど小物の数が奇数のものは恋愛を遠ざけてしまうので、避けるようにしましょう。

 

恋愛の神様が微笑みます

恋愛のコツは占いです

皆さんがどうしても気になるのはやはり恋愛運なのではないでしょうか。憧れのあの人に近付きたい、あるいは恋人と結婚したいなど恋愛に関する悩みはいつの時代も尽きません。古くは平安時代から、恋愛に関しての祈祷はあったという文献もあり、多くの女性たちが願掛けをしたと言われています。恋に関する和歌も昔から豊富です。

今年こそ、いい恋愛をしたいと思っている場合もちろん自分を磨くことを忘れてはいけません。外見だけではなく内面も磨くことで、憧れの人と素敵な関係になれるのです。でも、その行動には指針があると助かるものです。そこで、恋愛運に関する占いは雑誌やネットでも常に特集されています。特に2016年全体の占いは良い時期、悪い時期が分かりやすく解説されているので頼もしい存在です。

 

最強の占いはどれ

2016年に関する恋愛運の特集はたくさんありますが、やはり頼もしい存在は「星座占い」です。日本における星座は12星座で説明されており、誕生日でわかるようになっています。憧れの人がどの星座に属しているか分かれば、自分の星座との相性が速やかにわかる仕組みです。血液型よりも細かく分類されているので、おおよその個性なども掴みやすくなっています。

また、星座は常に動いており、2016年に相手や自分がどのような星の動きをするかで恋愛運以外も導けるようになっています。星座占いも歴史が古く、古代から西欧諸国で広く愛されてきました。いまや有名女性雑誌の巻末には必ずと言っていいほど星座占いは掲載されています。2016年の素晴らしい恋愛運を知るためにも、星座占いを調べてみましょう。

 

時代と占術の変化

先人達の知恵

不安なことがあった時や心配事があったとき、人が頼りにしたいと感じるのが占いです。占いがいつ、どこで作られたのか、はっきりとした事はわかりません。日本では卑弥呼という女性が亀の甲羅を火にくべ、その亀裂で未来を占っていたと言われています。占いにはいろいろな種類がありますが、これらの元になっているのは、先人達が、自分たちの生まれた時の太陽と星の位置をもとに、入念に考えだしたものです。

しかし、たとえ数百年前から受け継がれてきたものでも、全ての結果が同じとは限りません。なぜなら、みる人によって技術や能力が異なるからです。「当たるも八卦、当たらぬも八卦」と言われていますが、これは日本で陰陽師が栄えていた時代から言われていた言葉です。「当たることもあれば、当たらないこともある」という意味だけではなく「悪い結果ばかりを信じるな」という意味もこめられているとも言われています。

 

時代と共に変化する

その年の時代背景や流行したものによって、占いの形も変化することが多いです。特に2016年よりも前に流行った動物占いは、デフォルメされた愛らしい動物達が特徴で、若い女性を中心に人気を集めました。

時代と共に変化していく占いですが、2016年に注目されているのがハイブリッド占いと呼ばれるものです。これは一つの方法でみるのではなく、様々な占術を用いて占う方法です。数秘術、タロットカード、手相、算命学など、複数の人達が複数の方法でみてくれるため、2016年最も注目されている占いです。2016年も震災や自然災害、色々なことが起きているため、将来に不安を感じている人は沢山います。ハイブリッド占いは、一つの占術の結果にとらわれずに、複数の方法で答えを知ることができるため、占いが好きな女性から人気を集めています。

 

3種類の占い方法

一度別れた相手とヨリを戻したいなら、復縁占いを活用すると良いでしょう。占いのアドバイスを参考にすることで、ただ闇雲に行動するよりも復縁を成功させる確率を高めることができます。復縁占いと一言で言っても、さまざまな占い方法があるので、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶと良いでしょう。じっくり相談したいという方は、メール占いがぴったりです。メール占いとは、占い師とメールでやり取りをして、悩みを聞いてもらうというものです。時間制限がないですし、他の方法よりも料金が安いので、初めて復縁占いをする方にも人気が高いです。

直接占い師と話をして、相談したいという方は、電話占いや対面占いが良いです。電話占いは、電話で会話をすることができるというメリットがありますが、時間が決まっているので悩みを整理しておく必要があります。対面占いは、お店に足を運んで占ってもらうという方法です。手相や人相占いなどもしてもらうことができます。

このように、復縁占いと一言で言っても、その方法はさまざまあります。

 

復縁占いを行なうメリットは、復縁の可能性がわかるということです。1度別れた後は、相手が何をしているのか、どう思っているのかわからないことがほとんどです。そのため、ずっとモヤモヤした状態で悩まなければなりません。

しかし占い師に相談すれば、相手に恋人がいるのか、自分のことをどう思っているのか、などを知ることができます。復縁の可能性がわかれば、積極的に行動しやすくなりますし、心の負担も軽くすることができます。

おすすめの記事