皆さん、今の就いているお仕事は好きですか?

やりがいを感じたり、日々意欲的に取り組めていますか?

ここで、『はい』と答えた方は、この先読み進めなくてもいいですよ^^

今回の記事は、次のような方にオススメの内容となっています。

 

  • 仕事行きたくない(涙)
  • 仕事の人間関係がストレスだ(怒)
  • この仕事いつまで続ければ良いんだろう(悩)

 

仕事に関するモヤモヤは多少なりとも発生します。

しかし、そこに人間関係が絡んでくると、まー面倒くさい。

私もこれまで幾度となく体験してきたから分かります(><;)!!

クッションに埋もれる人

(画像のような感じで、何度となく出社拒否してはその場しのぎで乗り切っていました)

 

自身の体験もあり、その経験が少しでも役に立てばと思い記事の題材として扱ってみました。

この記事を読めば、次のような事をスッキリさせるこごができます!

 

  1. 仕事に関する人間関係をスッキリ
  2. 仕事を継続するか辞めるかの迷いをスッキリ
  3. 自分に合う働き方や適職・転職・天職を探してスッキリ
  4. 仕事上の悩み・ストレスの9割『人間関係』

 

これ以上、仕事や人間関係に振り回されたくないという方は早速ご覧ください。

仕事上の悩み・ストレスの9割『人間関係』

仕事 辞めたい アンケート

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/13096080/

このアンケートでは、約9割の方が『会社をやめたいと思った』と答えています。

会社への不満は多かれ少なかれ抱えているものですが、その原因はどのようなところにあるのか?

調べを進めていくと、給与や仕事内容でもなく根本的な人間関係にありました!

人間関係といっても様々なので、ここでよくあるトラブル事例をあげてみましょう。

人間関係のトラブル事例:上司

仕事 ストレス

最近よく起こっているトラブルが、企業体制でしか物事を判断できない上司とのトラブル。

ネットニュースでも度々あがってきますが、緊急時の対応で物議を醸し出す場面も!

 

  • 台風や地震の災害時の出社の連絡確認が的確とは思えない

足元どころか公共機関も停止している中、『出社可能か?』と問われ断りました。自分の命が大事。)

 

  • 地震による停電で不安な中、『クライアントに迷惑がかかる!』と半ば強制的に出社を強要する上司。

『災害時は労災適用外になる事が多いのですが、その点の認識は?』とお伝えしました。(無理ゲー)

 

今振り返ると、社会人としてどうかな?という部分は否めませんが、今はあれで良かったと確信しています。

確かに仕事も大事なのですが、命の方がもっと大事!

上司ばかりが悪いとも言い切れませんが、感覚の違いに驚かされ違和感を覚えるのは確実ですよね。

上司 外国人男性

この他にも、セクハラやパワハラなど様々なハラスメントで上司との折り合いが悪くなることがあります。

表に出る話はほんの一例。

きっと水面下では、もっと多くの人が上司との人間関係をきっかけに、仕事をやめたいと悩んでいることでしょう。

人間関係のトラブル事例:同僚

悩み 仕事 イラスト

(マジ勘弁しろよ…こっちだって予定あるんだわ!!怒)

 

仕事上の人間関係トラブルは、何も上司だけとは限りません!

協力しあい切磋琢磨するはずの同僚ですら、ときにトラブルの元となってしまうのです。

私の過去の体験談をお話すると……、

 

  • 同僚が常にライバル意識過剰で協力体制を得られず疲弊。

その後、バッチバチに話し合い今では親友の勢いで仲良い(きっと稀です)

 

  • 雇用状況は一緒なのに、上司に取り入ってる為サボっても指摘されず仕事押し付けられる。

アホくさくて私がその職場を去りました。1年後その会社前を通ると潰れていました(ざまあみろ)

職場  MTG

他にもネットでリサーチしてみると、同僚のせいでひどい被害に合った方もいらっしゃいました(@_@;)

『休憩に出たきっり二度と戻らなかった』

『鬱だから、を理由に仕事は休み放題で給料はちゃっかり』

『子供を盾に独身の私に仕事を押し付け定時退社NO残業』

まあ、中には止む終えない事情もありそう?

でも正直同じ環境化でこのような振る舞いばかりだと、こっちの身も持ちませんよね(;´Д`)

人間関係のトラブル事例:後輩

悩み イラスト

(え?え?私がおかしいのかな?確かここは会社で私はアナタの先輩なんですけど!)

 

私をはじめ、アラサー女子を悩ませるのが後輩の存在ではないでしょうか?

私は比較的若い(多分)感覚があるので、歳が離れた後輩であっても割と仲良くなれるし苦労しません。

でも、そんな私でもかつて金槌で頭を殴られた感覚に陥った後輩とのトラブルがありました(^_^;)

 

  • 商品の着脱を求められる接客業なのに何cm?っと突っ込みたくなるネイルで仕事する後輩

やんわりと注意すると逆ギレして『就業規則に記載されてませんけど?』と言われる。(後日オーナーから話してもらった)

 

  • 後輩が若いお客さんにタメ口接客で冷や冷や)))

私より先にお客さんに一喝され私も上司も謝る羽目に。(巻き添えとはこのことマジ勘弁)

 

素直で悪気がない子も多いのでしょうが、社会人としての意識がうすく度々トラブルに発展することも。

その回収に追われ疲弊してしまい、したくもない説教や態度になったり。

自己嫌悪さえ感じて仕事になりませんでしたね。

でも中にはこんな後輩もいるようです(@_@;)

■外では無視、嘘をつく......

・「会社内ではいろいろ頼みごとをしてくる後輩だが、会社付近の路上で出くわすとこちらから挨拶しても無視して素通りする」(女性/32歳/運輸・倉庫)

・「自分が仕事ができないのは、教えた人の教え方が悪いから」(女性/34歳/機械・精密機器)

・「嘘つき。病気と疑うくらい毎日嘘をつき、さまざまな失敗を隠ぺいする。 自分を良く見せようとプライドだけは高い」(女性/27歳/商社・卸)

・「明らかに確認作業していないのに、テスト済みと言い張る。『なら目の前でやって見てくれ』と指示したら、すぐにすみませんと謝る」(男性/33歳/情報・IT)

引用元:https://gakumado.mynavi.jp/freshers/articles/11923

つ、辛い(涙)

人間、相性はあれどここまで極端な態度を取られると、こっちだって冷静ではいられなくなってしまいます。

コミニュケーションの難しさが浮き彫りとなる事例ばかりです。

人間関係のトラブル事例:取引先

中年男性 眉間にしわ

(いますね、若い担当者を極端に嫌う取引先の方)

仕事にまつわる人間関係のトラブル、以外と多いのが取引先!

例えば、この様な経験はありませんか?

 

  • 担当変えで挨拶に行ったら『なんだ、今度の担当はこんな小娘か…ッチ』と言われた。

時代錯誤も甚だしいですが、グッと堪えて手のひらで転がしてやりましたよ。(ちっきしょー)

 

  • 何かにつけて前任者を引き合いに出し比べられる。

あまりにもひどかったので、異常な笑顔と異常なテンションでこっちのペースに巻き込みました(ちょっと斜め上な発想だが効いた)

 

っとまあ、取引先との関係は離れていても繋がっているようなもので、地味にストレスを感じてしまう原因になります。

もちろん、仕事をする上でお互い利益を出すことが目的。

話し合いを行い、時には相手のウィークポイントを狙うこともあります。

でもね?

猫 怒る

限度ってものがあんだろー!!!!

っと当時の私は常に怒り心頭で、いつぶっ倒れるやらと頭を抱えていました(^_^;)

まあ、今となっては大好きな仕事にも就けたので、経験の1つとして振り返ることができます。

でも、職を変えるタイミングが少しでもズレていたら、トラウマになっていましたね!

怒りを抑える方法が知りたい方は、コチラを参考に。

番外編:仕事の影響でプライベートの人間関係悪化

離婚

(離婚とか辛すぎ 涙)

仕事上の人間関係がストレスの種となり、それがプライベートまで侵食しだすと収集つかない自体に!

実際、私の知人にも仕事関係の人間関係で悩み、それがうまく解決しないがために離婚に発展してしまったんんです。

上司や同僚からの圧力で精神を病んでしまったその知人は、家庭でも不協和音が生じ奥さんや子供ともうまくいかなくなりました。

お互い愛し合って仲睦まじい雰囲気を知っていただけに、心苦しく感じられずにはいれませんでした(;;)

幸い、その知人は会社を辞めて、心機一転!

チームワーク

新しい職場は人間関係もよく風通しの良い、働きやすい環境だと語ってくれました。

でも、奥さんとの仲は戻ることがなく、

『あの時、無理せず会社を辞めていれば妻や子供と離れずに済んだのにな』

そう悲しそうに語る知人のことは、きっと一生忘れないと思います(;;)

仕事の人間関係に疲れていませんか?それなら…

様々な事例をあげてきましたが、以外と誰にでも当てはまるのかな?そう私は考えています。

トラブルやストレスの度合にもよりますが、きっとこう感じたことはあるはず!

『まだ、大丈夫。このぐらいで休んじゃダメ』

『大人なんだから、我がまま言ったら迷惑がかかる』

『私だけじゃない、皆大変なんだから』

どうでしょう?心当たりあるのでは?

心当たりがある方に少々キツイ言い方になるかもしれませんが、しっかり受け取って欲しい事実があります。

上記の様な考えは何の役にも立ちません。

今すぐ仕事を辞めて下さい。

SHOCK

簡単に言ってくれるなと、非難されることは承知の上で申しています。

ですが、疲弊した中で生まれるメリットはそう多くないはず。

せいぜい、月の生産数を担保できたぐらいでしょう。

いつまでも自転車操業はできないはずですから、やがてその生産数すら担保できなくなります。

現状を冷静に判断し、舵を切って進路変更するなら今です!

舵

 決して藪から棒に言い出したわけではありませんし、急に仕事を辞めるとなるとそれなりの準備や時間も必要でしょう。そこで、私なりの対策を次でご紹介したいと思います。 

仕事に行きたくない…吐きたくなるほど泣く前に試したい解決策!

仕事に行きたくないあまり、出社拒否の反応が出てしまうと掲示板で悲痛な胸の内を語る方がいらっしゃいました。

少なくとも、この記事を読まれている方だけは、そうなって欲しくない!

そこで、辞めずに現状を打開する策をいくつかご紹介。

業務フローや仕事量の見直し・調整

タスク

(きっとアナタの頭の中はこんな感じでは?)

仕事の見直しや調整は、いの一番で行いましょう!

  • 属人化している→共有して負担を減らす
  • 納期がパツパツ→管理しやすいツールで可視化する
  • 仕事量が多い→優先順位をつけ必要ない作業をカットする

このどれも行えないなら、今すぐにでも上司にうったえましょう。

何も言わない→今の状況に不満がない

このようにスルーされている可能性もあります、ご注意を!

仕事とプライベートをハッキリ分ける

プライベート

コレも結構大事!

休日にも関わらず、メールやチャットを常にチェックしていませんか?

そんな事してたら、気持ちも頭も一行に休まりませんよ!

もしも緊急だという相手には、優先度の高さを定量的に説明させた上で今対応して下さい。

例)

1案件×1h=10件の差し込みがあった金曜の終業間際に発生した場合。

納期は月曜の午後8時までだから、急いで欲しい!

このような内容であれば、こう考えられるはず。

→作業者を2人確保

→1人5案件/5hに分担

→1日の就業時間は8h

→休日や残業でなくても週明けで対応可能。

差し込み案件であれば緊急性も高いとみなせるので、その時こそ複数で分担するのがマストです。

しかし、内容を確認すると納期まで時間があるというケースも多いはず。

自分軸、相手に振り回せれずクールにいきましょう。

有給消化で心身共にリセット・リラックス

休み

仕事でいっぱいいっぱいだからといって、休日まで出勤してはいませんか?

はたまた、自宅に仕事を持ち帰りPCに向き合っている内に、さざえさんが放映されていた。

そんな方は、今すぐ有給残数を確認して申請しましょう!

「有給休暇」の理由は言わなくてよいし、どんな理由で取得してもいいんです。
「時季変更権」によって「ちょっとずらしてね」と言われることはあるかもしれませんが、それは「タイミング」のことであって「理由」が問題なのではありません。
引用:http://blogs.itmedia.co.jp/tanakalajunko/2015/08/post_83.html

そうなんです。

以外と知られていませんが、有給の内容って実は言う必要ないんです!

申請する時期や申請人数などがかぶらない限り、ほぼ有給は通るはずです。

気まずいなど思わず、どんどん有給を消化して自分のリフレッシュに充てましょう。

他にどんな打開策が仕事や人間関係のモヤモヤを解消できる?

他にもこんな打開策があります。

  1. 転職サイトに登録して情報収集しておく
  2. 転職を有利にするためにスキルを身につける
  3. クレジットカード、キャッシング用のカードを作っておく
  4. 転職のプロに相談しよう
 中でも4番目が超大事です! 

転職のプロ、っと言っても皆さんがイメージしている職業カウンセラーや、転職コンサルタントなどとは違います。

では、どんなプロなのかと言うと、『電話占い師』なんです!

電話占い師?電話占い?

スマホ びっくり

ちょっと意味が分からない、なんて方もいるでしょうから次で詳しく解説しますね(^^;)!

仕事に行きたくない理由は人間関係だけ?迷った時に利用したい電話占い!

水晶 占い

唐突に出た『電話占い師』『電話占い』という言葉。

一気にきな臭い印象になったとは思いますが、ちゃんと皆さんにメリットがあるから紹介しているんですよ(^^)

電話占いのメリットをまずお伝えすると、

  • 第三者に思いっきり話を聞いてもらえる。

 

  • スピリチュアル的観点からの助言がもらえる。

 

  • 天職、適職、転職などの情報がきける。

 

  • スピリチュアル的な解決策を紹介してもらえる。

 

  • 霊視・霊聴など普段知ることができない情報が入手できる。

赤くマークしたポイントは、知人や家族に聞けない難しいないようですよね(^_^;)?

ですが、電話占いなら占い師の先生が話を聞いてくれますし、霊感を持った方々の宝庫ですからスピリチュアルな観点からのアドバイスに期待がもてます。

理性で考え抜いても分からない悩みにぶち当たった時、占いが役に立つことは多いにありますよ♪

 では、具体的にどんな電話占いや、占い師の先生を選べばよいか、次で説明していきます! 

仕事に悩んだ時に利用したい!電話占い◯◯と激当たりの占い師!

かつて私がお世話になった電話占いの例をあげて紹介してみますね^^

お世話になった占いは、電話占いヴェルニさんです。

そこに所属している琳鈴先生(リンレイ)先生、この方はとっても頼りになりました!

電話占いヴェルニの凄腕占い師:琳鈴先生(リンレイ)

■琳鈴先生(リンレイ)プロフィール■

リンレイ先生 ヴェルニ

引用元:https://goo.gl/xCo8Ro

【占術】

霊感・ 霊視・ 守護霊対話・ チャネリング・ オーラスピリチュアル・ 波動修正・ 水晶・ 夢占い・ 数秘術ダウジング

【対応可能な相談】

相性・ 結婚・ 離婚・ 復活愛・ 略奪愛・ 不倫・ 縁結び・ 年の差・ 遠距離・同性愛・ 三角関係・ 前世・ 金運・ 仕事・ 対人関係・ 家庭問題・ 子育て・運勢・ 開運方法・ 霊障害・ パワーストーン・ ペットの気持ち

私が先生に鑑定していただいた時の体験談はコチラ!

今でも先生の鑑定を思い出すと痺れちゃいます\(^o^)/

サクサク鑑定を進め、分かりやすい質問と答えを限られた時間の中でやり取りしてくれました。

先生の実力はサイト側からも絶賛されています!

代々霊感の強い家系に生まれた琳鈴先生。
インスピレーション溢れる鑑定は、悩みの本質を瞬時に読み説き、人の心の移り変わりにおける疑問や不安にお答えして下さいます。
長い間、お一人で苦しんでいた方は先生の鑑定できっと幸せに辿り着けることでしょう。

引用元:https://vernis.co.jp/pc/module/show.php?idcode2_e=npTj3TTTp

ほんと、まさにこの意見に激しく同意です!

電話占いが初めての方でも、琳鈴先生であれば安心して相談できます。

悩み相談の内容がまとまらないとしても、先生が優しくリードしてくれますし具体的な解決策や今後のみとお押しなど全体的に鑑定してくれます。

私の場合は恋愛相談を行いましたが、先生の得意分野の中にはしっかりと『金運・ 仕事・ 対人関係』が含まれています♪

  • どんな仕事が向いているのか?
  • 対人関係の問題点はどこにあるのか?
  • 金運を高めやりがいのある仕事は何か?

この様な質問に対しても的確に答えてくれるはずですよ!

 先生の鑑定のおかげで悩みを解消できた方々の口コミ体験談をピックアップしてみました! 

相談の際に参考になると思うので、是非チェックしてみてください\(^o^)/

電話占いヴェルニ:琳鈴先生(リンレイ)への口コミ

横顔 女性 ショートカット

(仮名)木村佳子さん 26歳

前職の上司と折り合いが悪く、留まるか転職するか悩んでいました。

でも、先生の鑑定を受けて転職を決意!おかげで、今はより良い環境に身をおくことができました!

ウェーブ 横顔 女性

(仮名)町田あさこさん 34歳

仕事内容は好きでも給与に不満があり、先生に思い切って相談してみたんです。

そしたら、その当時に就いていた職種とはまったく異なる分野へのチャレンジを勧められました。

最初は半信半疑でしたが、タイミングよく求人を発見したので試しに応募するとトントン拍子に内定!

今では倍の給与に福利厚生、最高です!

女性 正面 ハーフアップ

(仮名)内村みえさん 22歳

社会人としては経験が浅いので、この職場で妥当かななんてモンモンとした日々を送っていました。

ネットサーフィンしている時に、電話占いヴェルニのサイトを発見して興味本位で占いを依頼しました。

すると、これから金運が上がる時期だから転職がオススメ!とアドバイスいただきました。

先生に後押しされて行動した結果、いい職場に就くことができました(*^^*)

先生、その節は本当にありがとうございました♪

この他にも様々な口コミが電話占いヴェルニさんで紹介されていました!

口コミ体験談は、会員登録せずに無料で見られるので利用しようか迷っているなら、のぞいてから考えてみるのもありですよ(^^)

仕事だけが人生じゃない!あなたの人生はあなたが舵をきる!

idea

人生の三分の一、もしくは半分を仕事に充てている現代人。

長いあいだ過ごす環境や、人間関係に対して違和感をおぼえたり、不快感をもったりすると他のことにも影響が及びます。

もしも、この記事を読んでいるアナタが仕事や、仕事に関係する人間関係に悩んでいるなら、

  • 仕事を見直す
  • 仕事を辞める
  • 仕事を変える

この3つの軸で考えていただきたい。

最初の一歩は決して簡単ではないはず、でも歩みなくして未来はありませんよ。

大丈夫、失敗したってご飯は食べれますし、寝る部屋はあります。スマホでいくらでも仕事を探せます。

この記事を書いている私も例外なく、転職への不安や仕事を失う不安を経験してきました。

でも、どうでしょう?

今現在、皆さんにこの記事をお届けしています。

 好きな仕事でご飯食べれています(^o^) 

 

 趣味に費やす時間もお金も確保できています(^o^) 

 

 楽しみを共有できる仲間に恵まれています(^o^) 

 

どうでしょう?こんな適当そうな私でも割とうまくいっています(笑)

きっと真面目で実力もある皆さんであれば、次のステージはきっと大きな実りを得るでしょう!

最後に一言、

『仕事で悩んで死にたくなるなら、今すぐその場から逃げろ!』

大丈夫、大丈夫。きっとうまくいきます。

手 光 空

おすすめの記事