『アンガーマネジメント』は仕事になくてはならない要素です。

様々な人間関係がうずまく職場において、怒りをコントロールすることが安定した生産と業績につながるのです。

 

とは言え、ムカつくことは瞬間的に反応してしまいますよね(;^ω^)

 

そこで、すぐにでも試せるアンガーマネジメントをご紹介!

筆者ならではのピリチュアル的な観点からの解釈付きです。

人間関係に関するコチラの記事も合わせてどうぞ。

仕事に行きたくない理由は9割が『人間関係』だった~適職・転職・天職を考える!~

『衝動』をコントロールして怒りを回避!

adult-1850268_640

実は怒りのピークはたったの『6秒』なんです!

この6秒をやり過ごすと冷静さを取り戻すことができます。

6秒が短いのか長いのか個人差はありますが、深呼吸をすると6秒はあっという間。

特に衝動てきな怒りに関しては長続きせず、すぐに冷静さを取り戻すことが可能!

『つい、カっとなった』

このような怒りの際に試していただきたいのが、『怒り:その場セラピー』です♪

その場セラピーの方法

このセラピーは特別なスキルも道具もいりません!

その場と名がつくように、怒れるその瞬間に試すことができます。

「その場セラピー」のやり方 ・6秒だけ、思考停止。頭の中を真っ白にするイメージで。

・6秒だけ、口角アップ。フリでも笑顔を作ると寛容な気分に。

・6秒で魔法の言葉。気持ちを落ち着かせるフレーズを用意しておき、怒りを感じたときに6秒唱える。「大丈夫」「ネタにしよう」など。

引用:https://www.cafeglobe.com/2017/10/064497anger_management.html

  1. 脳内は白い色にする
  2. 深呼吸
  3. なんちゃって笑顔
  4. 自分だけの落ち着く言葉で怒りをリセット

これだけで、怒りを感じる瞬間がグっと減るはず♪筆者は今日からさっそく試してみます(*^-^*)

『思考』をコントロールして怒りを回避!

stress-853645_640

『~すべき』

ビジネスのシーンにおいて結構使われるフレーズですよね?

しかし、この発言は他者の信念を否定する発言なのです。

  • MTG時間の10分前には会議室いるべき。
  • 上司をたてて指示に従うべき。
  • 事前確認は部下からすべき。

~すべきというは発言は、様々な状況下で発せられています。

このような発言がでるたびに怒りを感じていては身が持ちません。

思考のコントロールに必要なのは、ずばり『怒りの許容範囲』を広げることにあります!

許容範囲が広いと怒りが気にならない!?

怒りの境界線は至ってシンプル。

  • 許せない
  • 許容範囲
  • 許せる

この3つのゾーンの内、許容範囲を広げると圧倒的に怒りが気にならなくなります。

会社で3つのゾーンを他者に伝えるには、教養範囲の共有が大事です。

納期の日にち、作成数、コストなどの数字を明確に伝えた上で可視化し、デッドラインを設定しておけば共通の認識を持つことが可能になります。

『あの人また納期守ってない!怒』っということもなくなりますし、仮に相手が共有事項を守っていないのであれば、相手側の問題なので気にする必要もありません。

『行動』をコントロールして怒りを回避!

hands-423794_640

怒りの感情は、他者に対してのリクエストだと考えられています。

怒りの根底には『~して欲しい』という感情があります。

先のお話でも触れたように、納期を守らない後輩や同僚に対して、『なぜ納期を守れないの?!怒』という言葉の根底には『どうしたら納期を守ってくれるの?』が潜んでいます。

ここまで掘り下げられたなら、あとはスムーズです!

『どうしたら納期内に仕事を終えられるか考えよう!』こう提案すればいいのです。

そうすれば、相手も提案してくれるはず。

怒りのコントロールまとめ

怒りを表現するタイミングが適切であれば、人間関係で過剰なストレスに振り回されることはなくなります。

また、怒りの教養範囲を一貫して守りブレなければ、尊重されて一目おかれることでしょう。

怒りを感じても発言にはご注意を!

banner-1165979_640

怒りに任せてつい過激は発言をしてしまったり、相手をやりこめようとしたり、そしてその結果凹んでしまう。

いいことは一つもありません。怒りを感じても、次の発言には気を付けましょう(><)

怒りを感じても発言にはご用心!NGワード

  • 「前から言おうと思ってたんだけど」
  • 「なぜ」「どうして」
  • 「いつも」「絶対」「必ず」
  • 「ちゃんと」「しっかり」「きちんと」

高圧的な発言が多く、怒りのエネルギーボルテージが高すぎるので、言われた方は委縮してしまいますし最悪の場合、二次災害となり人間関係が悪化します。

怒れる時こそ、「今起きていることだけを言う」ことを忘れないように!!

怒りとスピリチュアルの関係

pexels-photo-914897

怒りを感じるとき、それは自分の外に意識が向いている証拠なんです。

自分の感情に意識を向けていられる間は、例えどんな批判の嵐の中でも心は穏やかです。

人間の思考回路は怒りを感じるように作られていますが、同時にコントロールする術も持ち合わせています。

怒りを感じた際は、今回紹介したセラピーと共にこの言葉を思い出してください。

『私は今怒っているんだな、人に意識が向いて思考が暇なんだな』

そう、自分に集中しさえすれば、他人の行動など気にならなくなります。

トイレ休憩、コーヒー休憩、ランチ休憩、適当に理由をつけて怒りを感じる場から物理的に離れぜひ自分自身を取り戻してください(*'ω'*)

まとめ

pexels-photo-920378

怒りは決して悪い感情でありません。

正しく扱えば適切な人間関係の構築に役立ちますし、不要に相手を傷つけることがなくなります。

それでも感情を抑えられず、人間関係に困ったときは電話占いで相談してみるのも1つの手段です!

筆者はスマホで本格的な占いができるところが気に入っています♪

興味がある方は是非チェックしてください!

 

おすすめの記事