九星気学の歴史と移り変わりについて

 

九気学は、3000年以上前から中国で行われていた占い方法で、日本に伝わったのは飛鳥時代と言われています。秦氏によって、日本独自の気学が作り上げられ、風水とともに平安京の建立にも使われています。鎌倉時代、室町時代には武士の間で秘伝書として使われ、江戸時代になると江戸城の建立、政治にも使われていたとされています。この時代には、方位術として庶民の間にも広く普及し、旅先の方位が悪ければ「方向替え」をしていたことが、知られています。 九星気学としての始まりは、明治に入ってからです。園田真次郎氏が、これまでの気学に改良を加えて「九星気学」として開設し、以後、一般大衆に広まり、現在に至ります。 無料占いサイトでも、九星気学は不動の人気です。無料とは思えないほどの的確な結果が、人気の理由と言えます。

九星気学の基本的な考え方とは?

 

九気学では、森羅万象を九つの方位に分け、北西、西、東北、南、北、東、東南の順に気が循環しているとしています。人間の生まれたときの気が、運を決定していると考えて、9通りに分類したのが九星気学です。九星気学では、本来の性格や能力、相性、バイオリズムなどが分かり、どの方位がよいかなども占います。 無料サイトでは、生年月日を入力すると、一白水星・二黒土星・三碧木星・四緑木星・五黄土星・六白金星・七赤金星・八白土星・九紫火星のいずれかに分類され、性格や能力、その年の運勢などが分かります。無料の場合には、鑑定内容が限定されていることが多く、さらに詳しく知りたければ料金を支払うことになります。多くの政治家や芸能人が参考にしている占い方法ですので、体験してみてはいかがでしょうか。

占いサイトで利用できる無料の恋占い

ハートの南京錠

 

恋占いには、占星術やタロット占い、血液型占い、星座占いなど、様々なタイプの占いがあります。これらの恋占いは、無料占いサイトを利用するとお得です。占いサイトにいき、無料でできる恋占いを探しクリックし、必要な情報を入力すると、相手との相性や、恋愛の可能性などを知ることができます。 しかし、無料占いでは、踏み込んだ占い結果を知ることができないので、もっと詳しい恋愛占いの結果を知りたい人は、有料の恋占いを選ぶと良いでしょう。有名な占い師によって運営されている占いサイトや、占い館などは、納得のいく占い結果を得られる可能性が高いです。 また、占ってもらう前に、料金設定をしっかり聞いておくことが、快適に利用するコツです。

恋占いの料金とは

 

占いと言えば、いまや無料でおこなってくれるサイトはたくさんあり、恋占いなどをしてみた人も多いでしょう。 しかし無料で行っている恋占いというのは、自分の星座で簡単に書かれた内容であったり、誰にでも当てはまる一般論的なものであったり。いまいち納得がいかないかもしれません。 では有料で占ってくれる恋占いというのはどういったものでしょう。 占いの内容は様々であり方法もたくさんあります。インターネットを介して占ってもらうメール占いや、自宅から占うことができる電話占いなど。直接占い師と話して占ってもらう方法ももちろんあります。値段は初回は約3000円程が相場でしょう。そこで自分の真相心理や相手との相性など具体的にアドバイスをくれて、納得できる恋占いが聞けるのです。

おすすめの記事