パワーストーンを使った取り組み

 

占いは複数の方法を会得すると、理解が深まって応用できるようになります。中でも、パワーストーンを用いる占いには様々な方法があります。例えば、グリッドを組む方法です。グリッドとはいくつかの石を使って、感覚を研ぎ澄ませながら魔方陣を組む事です。魔方陣はナスカの地上絵の様に、コミュニケーションを取る手段の一つです。並べられた石がお互いに作用するので、パワーを最大限に引き出せます。並べ方や部分的な交換で、発するパワーを調節できます。 また、パワーストーンが発するメッセージを受け取る方法は、リーディングと呼ばれます。パワーストーンから受け取ったイメージを、言語に変換して人に伝えます。このイメージは一定でなく、状況などによって変化します。

パワーストーンによる占いを会得するには

 

パワーストーンによる占いの方法は、専門学校で会得する事ができます。現在、多くの専門学校があり、カリキュラムや受講費に違いがあります。例えば、初級コースの場合、パワーストーンの扱いや精神統一などを学べます。瞑想によって精神統一する事がほとんどで、様々な占いの方法で役立ちます。初級コースは短期間の講座で取得可能です。受講するには、学校のサイト上で申し込みをします。 また、学校へ通わずに個人で学ぶ事もできます。この場合は、インターネットやテキストなどの情報を頼りに行います。インターネットでは、初歩的なリーディングの仕方が公開されています。テキストでは、パワーストーン別の意味を知る事ができます。情報収集と毎日の積み重ねが重要になります。

占い学校では自宅で受けられる講座も人気をもっている

 

あなたは、占い師になりたいと考えたことはありませんか。現在、人気となっている占い学校には、「アカデメイア・カレッジ」や「セレス学院」などがあります。どちらも、本気でプロの占い師を目指す人のための学校となっています。こうした占い学校のなかには、eラーニングを使って自宅で授業が受けられる講座もあり、最近のトレンドとして人気が急上昇しています。 プロの占い師を目指すなら、独学だけでは時間がかかり、なかなかスキルを習得できないこともあります。そんなあなたは、やはり専門の先生がしっかりと占いについて教えてくれる学校に通うのが近道です。特に、アカデメイア・カレッジのようなスクールでは、実力をつけやすくて若者たちにとっては人気のスクールとなっています。

入学するためにはどんな手続きをすればいいのか

書類を書くイメージ

 

実は、東京には多くの占い学校があり、その多くはWEBからでも入学の申し込みができます。たとえば、人気の「アカデメイア・カレッジ」なら、入学を考えている人のために学校説明会を開いたり、資料請求などのサービスを随時行っています。また、無料セミナーやきっかけレッスン、入門レッスンなども開催されており、お金をあまりかけずに占いについて知ることができるようになっています。 入学の手続きは、学校に来校して行うか、WEBから申し込むかの2種類が選択できます。どちらも、入学申し込みのための必要事項を記載して、入学金を支払うだけです。そうすれば、その後にはきちんと学生証をもらうことができます。学生証をもっていれば、占いに関するグッズなども割引価格で購入できるといったメリットがあります。

おすすめの記事