悩み占いで

人生の中に悩みは尽きませんが、悩むからこそ生きている証拠だという見方をする人たちも存在します。口で言うのは容易い事ですが、実際に悩みに直面すると、解決方法を探るのに苦労をする事もまた事実でもあります。 悩み相談の一つには、当たるといわれる占いをしてもらう事などもできます。現在では占いの館などもできていますので、利用者も多くなっていますが、その始まりについては、古くは紀元前の時代から行われていたとされています。ヨーロッパなどでは、オカルティズムという言葉があり、神秘的なものへの興味が高かった時代がある一方で、当たる占いであっても禁止され、ブームが去った事などもありました。しかし、時代や社会情勢が変わる事で、次第に占いが復活し、現在にその火が灯され続けています。

当たる占いについては、それぞれの人が受け取る考え方によっても、当たるの意味は変わってきます。一般的には、自分に起きている事象であったり、自分の性格などを言い当てられると、特に『当たる』と表現している事が多い様です。どの様な場合であっても、人のこころの中に迷いが生じると、あるいは誰かのアドバイスがほしいと感じた時に、当たる占いなどを利用する事が多くなっています。人生に問題、悩みや迷いが生じない事はまずないと考えた場合、今後も占いを利用する人は増える事が予測されます。 占いについては、本来は統計学を元に確立されたものでもありますが、中には食べ物や生き物を利用して行うなど、変りダネが存在している事も事実です。そのため、方法が今後も多様化する可能性があり、市場のニーズに応じて方法も変化していく事などが考えられます。

悩みの解決

進路などの真剣な悩みの場合は自分で決める必要がありますが、占いなども頼ってみると気が楽になります。このような場合は、悩めば悩むほど事態が良い方向へ進んでいけばいいのですが、中々そのようなことはありません。 悩んだだけ体力を消耗してしまうので時間の無駄になってしまうのです。自分で1時間ほど悩んでみて何も成果を得られなかったら占いを利用するのが良いものです。占い師に悩み事を聴いてもらうのです。そしてそのような占いは当たることが多いです。何故当たるのかというと、人間は他人のことはよくわかるからです。しかし、占い師ではない一般の人は相手のことを指摘しないのです。占い師はお金をもらっているから占いを当てる事ができるのです。

占いは当たると思っても、それをどうやって利用することが出来るのかがわからない場合は意味が無いのです。実際に占いを利用するためには今はインターネットを使うのが便利であります。インターネット上には多くのサイトが有ります。そこで予約をして利用するのです。今は電話を用いた物があります。時間に応じて料金が大きくなっていきます。1分辺りの料金が決まっていますので、自分は何を相談したいのかを決めてから電話をすると、短時間で効果を得ることが出来ます。アドバイスをして貰うことが可能ですし、それは当たるのです。人気の占い師のアドバイスは当たる事が多いものです。それは人間をしっかりと観察しているから出来るのであります。

占いのチカラ

占い師の中には、霊視ができ、霊感が高い人の中にも、学んで来た占いの種類によってアドバイスする内容に多少の違いが現れて来る物です。その中で東洋占いは、相性や性格に対する内容に最適な占いと言えます。東洋占いは、全て陰陽と言う易を元に発展をしてきた物です。易の内容は、世の中の出来事は、陰陽で成り立っていると考え、人の心も陰陽によって成り立っているとも考えられている物です。形は違いますが、西洋のタロットカードも同じ様な内容であり、この世の事情に対して問い合わせる物です。この様な占いは、性格や相手の相性に対して当たる確率が最も高く、信頼の置けるアドバイスを受け易い傾向にあります。

最も当たると言われている占いに霊感霊視による内容があります。霊視と言うのは、占い師が直接視ていると思われがちですが、高級霊が占い師である霊媒者に憑依を行い、見せている内容です。高級霊に憑依される事によって、先祖霊やその他の霊を認識をして会話などの能力を得る事が出来る様になります。相談者の先祖と会話をする事によって、過去の内容を知る事が出来る様になる事もあります。人の心と言うのは、霊に知れわたっています。相談者が考えている事も、悩みも、この様な人達から聞き出す事で知る事ができるのです。この仕組が当たる理由です。相談をする場合は、霊感霊視、東洋、西洋占いの特徴を相談者が知る事が大切です。相談に応じる方は、様々な内容を学び、得意分野や不得意分野があるため、その内容についても知る事が重要です。

よく当たる占いとは

「当たるも八卦、当たらぬも八卦」という言葉がありますが、実に占いというものは、「あくまでも気休めでお遊びに過ぎない」という認識が持たれていたりします。占とはそういうものです。しかし、近年では「あの占いはよく当たる」という話を 聞いたりします。 ではその「よく当たる占い」というものは、一体どのようにして見つける事ができるのでしょうか。 しかしその前に、ここでまず注意しておきたい事は、「占いの技法というものは、古来から一定の歴史を持って語り継がれてきたものには、当たるという結果を出す手法に違いがあるだけ」という部分です。 これはつまり、一般に知られているレベルのものであれば、占い師の技量次第で当たる当たらないが決まってきます。

ではその実力者は、一体どのように見極める事ができるのでしょうか。 それには二つの方法があります。まず一つは一般的に有名で、テレビや雑誌等で紹介されている系の人ですが、これはいわゆる「口コミ」で判断します。 よく当たる占い師であれば、それだけの結果を出しているわけですから、当然にそれだけの評判があります。 しかしこれは、ある程度の財や社会的地位、名声を持つ者であれば、金等で何とでもできてしまう部分もありますので、口コミだけではなく、実際に自分で見てもらって判断するのがいいでしょう。 その一方で、一切表舞台に出ないで、活動している実力者もいます。 そういう人は、独自のネットワークでのみコンタクトが可能ですが、そこで活躍している人は、一般にその実力を公開しなくても、やっていけるのですから、かなりの実力者と言えるでしょう。 そういった人を見つけたいのであれば、特別なコネがなければ、今の時代はネットをフル活用して見つける方法があります。

おすすめの記事