幸せになる為に

占いの歴史は古く、そのあり方も時代と共に変わってきています。2016年に注目されているのがハイブリッド占いと呼ばれるものです。これは、2016年より前にはなかった方法で、一人の相談者に対して複数の占い師が鑑定するというものです。その方法も様々で、占星術や数秘術、手相、タロットカード、算命学などと、全く異なります。「2016年の全体運をみてもらいたいけど、一つの方法ではなく色々な方法でみてもらいたい」という人から人気を集めています。しかし、気をつけることがあります。それは、占いの結果についてです。「当たるも八卦、当たらぬも八卦」と言われているように、すべてが必ず当たるというわけではありません。そのため、悪い結果が出てしまったからといって極端に落ち込んだりしないようにしましょう。

2016年よりも前に流行った占いに動物占いがあります。これは、相談者を12匹の動物にあてはめて未来や対人関係を占うものです。この占いは昔からありましたが、その時代に合った可愛い絵柄を用いることで、人気を集めました。同じような占術に干支を用いたものがあります。これらは中国から来たもので、日本ではなじみのあるものです。日本にも沢山の占いがありますが、その多くが海を渡って日本に来ました。タロットカードを用いたタロット占いもその一つです。タロットの発祥地は北イタリアと言われていますが、はっきりとしたことはわかっていません。タロットカードは紙に描かれた人物等によって占うものですが、この「紙に絵を描いて占う」というのも、元々は中国からきたものだと言われています。世界には多くの占いがありますが、どれらも「誰がどのようにして作ったのか」というのがはっきりしていないのが特徴です。

風水では方角によっていいパターンや悪いパターンがあるので、これから取り入れようとしているのなら覚えておくといいでしょう。例えば、東に玄関があるか、西に神棚があるかで運気が劇的に変わってくるのです。しかし、風水をはじめてする人にとっては、どこが鬼門なのか分からない方も多いでしょう。そういった時は、自分の家の図面やコンパスを用意するだけで知ることができるのです。まず、間取りの最角を全て定規で結びます。そして、線が交差する部分にコンパスを設置し、北を示している線から45度のところが鬼門になるのです。間取りを確認し、良い運気を取り込むようにしましょう。

夢とタロット

眠る女性

生きていく中で、人間は誰でも悩んだり迷ったりするものです。そういった中で助けになるのが占いです。星座や手相、タロットなど様々な占いがありますが、2016年に注目されているのが夢占いです。夢は、人間が経験した記憶がもとになっていると言われていますが、なぜ人は夢をみるのか、はっきりとしたことは分かっていません。また、夢の中には今まで会ったこともない人や、空想上の生物が現れることがあります。夢の中に出てきた人物や生き物、状況など、これらすべてが夢占いのキーワードとなります。夢占いの場合は2016年の全体運をみたり、2016年に運命の人に出会えるか等を知ることはできませんが、メッセージ性を強く感じる人が多いため、星座や血液型占いなどは信じなくても夢占いは信じるという人が多いのが特徴です。

占いの一つにタロットと呼ばれるものがあります。タロットは78枚のタロットカードを使用し、悩んでいる人の現在の状況や未来を占うものです。タロットカードには主にマルセイユ版とウェイト版と呼ばれるものがあります。マルセイユ版の場合は、小アルカナはシンプルな絵柄になっていますが、ウェイト版には人物や物語が描き込まれています。タロットカードの絵柄は独特で神秘的なものが多く、その絵に惹かれてタロットを購入する人もたくさんいます。また、最近では人気のあるイラストレーターや画家によって描かれたタロットカードが書店で売られるようになりました。タロットは本とカードが一つになったものが多く、初心者でもすぐに始められます。タロットは2016年の全体運だけではなく、2016年の対人関係や恋愛運など幅広くみることができるため、多くの人から人気を集めています。

内面的性格を知り開運する

九星気学は日本で最も普及している占いのひとつで、先天的な運命や方角の吉凶を知るために用いられます。九星は伝説によれば、古代夏王朝の禹帝が創始したとされています。陰陽五行説と八卦を組み合わせ、一白水星から九紫火星まで9つの星によって運勢を占います。一方、気学は大正時代に日本人が考案した占術で、九星に独自の魔法陣と十二支を取り入れています。現在では両者をひとつにして、九星気学と呼ぶのが一般的です。九星気学のうちでも、傾斜法は専門的な知識の部類に入ります。傾斜とは生まれ月の九星盤の中で、生まれ年の九星(本命星)が入っている位置を指します。傾斜法によって、その人の内面的な性質が判断できるとされています。

本命星や月命星が外に現れた性格を見るのに対して、傾斜法では隠された性格を読み取ることが目的です。多くの人間には自分でも気づいていない性質があり、知らず知らずのうちに行動にも影響を与えています。これを自覚することで、人間関係をスムーズに保ったり、本当の天職を見つけたりすることが可能になります。傾斜法では坎宮傾斜・坤宮傾斜など、全部で9種類の傾斜から運勢を判断します。たとえば坎宮傾斜は一白水星に該当し、内面的には一白水星の人に似た性格を持っていることになります。また傾斜に暗剣殺がつくと、開運が妨げられる場合があります。このように与えられた運命を占うだけでなく、九星気学では運気改善の方角を示せることも特徴のひとつです。

自分の意識を操る

木のハート

恋愛を成功させる秘訣として、潜在意識があります。潜在意識とは、無意識のことで、自分が意識して考えていることは別の意識になります。無意識なのですが、実際は自分の人生に大きく影響を与えている重要な部分になります。その潜在意識を操ることができるようになれば、恋愛を成功しやすくなるので有効活用したほうが良いです。恋愛に潜在意識を活用するなら、まずは自分が幸せということを認識する必要があります。自分が不幸せ、ということを思っていると、潜在意識もその情報を感じ取って不幸せなところに導いてしまうのです。自分が幸せ、ということを潜在意識に伝えることで、自然にその状態に導いてくれるようになるのです。潜在意識を上手に活用できるようになれば、良いことが立て続けに起こるようになるので、その状態が来るまでに頑張ったほうが良いです。

占いを活用して、潜在意識を引き出すというのも1つの方法です。潜在意識を引き出すためには、その力を信じる必要がありますが、始めて100%の力を信じるのは難しいものです。しかし、占いは身近なものなので、そのアドバイスを信じやすくなります。占いの結果やアドバイスを、前向きに捉えることで、それを潜在意識に伝えることができるようになり恋愛に良い影響を与えてくれます。恋愛の悩みというのは、人と人同士の問題なので、なかなか解決しづらいものです。しかし、スピリチュアルの力を活用したり、運を味方にしたりすることで良い結果に導くことができます。

おすすめの記事