占いの種類

 

復縁占いとは、別れた恋人とよりを戻したいと思った時に有効な占いをいいます。復縁占いで占う内容には色々と種類があり、たとえば、別れた恋人との復縁の可能性はどれぐらいあるのか、また復縁をするにはどのようなアプローチをすれば上手くいくのかなど、占う前にご自身の目的をはっきりとさせることが大切です。復縁占いの中で最も代表的なものとしてあげられるのは、タロット占いであると言われています。タロット占いであれば、復縁に関するどんな悩みにも対応できると言われており、自分でもまだ気づいていない深層心理についても知ることができます。また、復縁占いで、タロット占いを活用する場合は、別れた恋人との復縁を本当に望んでいるのか、本当の問題とはどこにあるのかについて見つめなおすことが重要になってきます。

占いとどう向き合うべきか

 

復縁占いで本当に、別れた恋人と復縁できるかどうかは、復縁占いを受けた人によると言われています。占いの結果が芳しいものでなかったとしても、そこからアドバイスを受け、今の自分に足りないものや相手の気持ちを知り、気づくことで復縁の可能性は高まります。そして、復縁占いには、復縁で悩みに悩んで苦しんでいる方に必ずと言っていいほど、良い影響があるといわれています。これは、大好きだった恋人と別れてしまった直後の荒れた心では、復縁を望んでいても何をどうすればいいか分からない場合も多いためです。占いによって、今何をすればいいかを知り、今の状況を受け止めることで、最初の一歩を踏み出せることも可能なので、復縁に悩んでいる方は復縁占いを検討してみるのもいいでしょう。

色でわかる体の状況

カラフルなイメージ

 

最近、テレビで占いやオーラ診断についての特集が多く組まれています。霊能力者や占い師が芸能人のオーラを見極め、性格分析を行なうという内容で、沢山の人の関心を集めています。そこでよくいわれているのが、オーラには色があるというものです。その人自身の気が色に乗り移って、にじみ出ているといわれています。
このオーラを知るために、ネットや本で気軽に診断が受けられます。あらかじめ用意されている質問に答えていくだけで簡単に診断が完了して、オーラの色が判明します。また、オーラの診断には、通常の占いのように当たり、外れという概念はありません。その時の状況によってオーラに変化が表れるのです。そのため、一度で何回もオーラについての診断をするのは良くありません。自分の体調や精神状態が不安なときに診断を行なうと良いはずです。

人によってオーラが変わる

 

ネットや本で出来るオーラの診断ででる色は必ずしも一色とは限りません。人によっては混合色の様なオーラを持っている場合があり、心身の状況によって左右されます。例えば、赤のオーラを持っている人は、情熱的で行動力があり、周りを引っ張っていく事が出来ます。青色は、冷静さの象徴で、落ち着いた判断ができる人です。この赤と青のオーラを持っていれば、冷静で行動力のある人だということになるのです。また、オーラを診断して自分の心身の状態を把握しておくと、人間関係にも変化が出てきます。診断結果をみて、自分自身を客観的に知ることができ、行動パターンや言動について意識を改めるきっかけになるのです。

 

おすすめの記事