運気を知る

運勢は、人の幸運や不運についての流れである。人生の中では、幸運が続いたりモテ期が来たり、あるいはその逆もあり得る。できれば幸運が長く続いて欲しいと考える人がほとんどである。そのため、幸運が舞い込んでくるかどうかに強い関心を持っている人は多く存在している。このことから、人の背後にある運勢診断を占いによって導き出すことで、将来起こりうる幸運を期待したり、あるいは不運に対して対処の準備を備えておくといった活用方法が可能になる。

占いサービスには、無料のものや有料なものがある。気軽でリーズナブルに占いを楽しむのであれば、無料の運勢占い診断を利用することが適している。費用がかからないため、積極的に毎日占いを利用することができる。しかし、人生の岐路に立って重大な決断が必要な場合などには、高名な占い師に頼ってこれからの重要な運勢について、たとえ有料であっても占ってもらうことが有益である。

そのため、モテ期が知りたい人でも占い師に運勢をみてもらうことが効果的である。無料のものよりもより詳細な占いがもたらされる。方法運勢について占うには、占いの方法を実施する必要がある。方法には、多種多様な方法が開発されていて、特徴に合わせた選び方がある。伝統的な方法であるタロットカードや手相、占星術といった手段がある一方で、バイオリズムのような最新のスタイルによる運勢の占い方もある。こうした運命を導き出す各種の方法について、それぞれ上手く組み合わせる事によって、さらに将来の自身の運気を知るための占いができるようになる。

相性の概要

くるくるステンドグラス

 

 

相性とは、容姿や性質や価値観などさまざまな視点から、人と人、もしくは人と物体が合うことを言う。恋愛における男女の組み合わせをはじめ、仕事では上司と部下の関係や、友達同士の関係、人間と動物の関係などいろいろな関係があるが、占いでは星座や血液型や干支などからその関係性を判断する。これらの関係の相性を知ることで、恋愛や仕事や毎日の生活にプラスに生かすことができるので、占いではそれらの診断結果を頼る人も多い。占いにおいて相性を知る方法はさまざまであるが、中でも有名なのは血液型占いである。

例えば一般的に、A型とB型は性格がぶつかることが多いと言われ、A型とO型は気が合うとされる。そのほか星座占いや、生まれた誕生日による診断法などもある。けれどもやはり、恋愛でも仕事でも、長く付き合ってみなければ合うか合わないか分からない点も多く、占いによる相性診断というものはそれを参考に取り入れてプラスに生かすことが大切なのである。さまざまな組み合わせの中で1番気にもなり、そして難しいのは、男女の相性である。

自分にない物を持った者同士は、お互いを補い合える関係としてうまくいくと言われるものの、分かり合えない難しさも否めない。さらに似た者同士は分かり合えるが、マンネリ化しやすいとも言われる。占いでたとえ相性が悪いと言われても、努力次第でスムーズな付き合いができ、頭から欠点を見ずに尊敬することによりうまくいくことも多い。どんな関係も、すべては人間関係における絆作りがまず基本となっているのである。

喜びに満ちた色

黄色という色のキーワードは、「幸福」、「喜び」、「精神的な明晰性」、「知性とマインド」などの意味があります。また他にも、「恐怖や不安」、「個としての自信」などといった意味合いもあります。黄色という色からのメッセージを説明していきます。

黄色は、積極性のある、まばゆい光に満ちた色です。これは喜びの色であり、幸せの色でもあります。わたしたたち人間に、太陽のような明るさと、無邪気さなどを与えてくれます。黄色には、わたしたちに明晰性や知恵を与えてくれる効果もあります。人生を幸せに生きていくうえでは、自分自身を常に明晰に見て、「自分」というものを知っていくことが必要不可欠です。そしてわたしたちは、自然と気づかぬうちにさまざまな条件を自分に課しています。そのような、無意識に設けているパターンから抜け出すには、まずその「自分のパターン」の存在や内容に気付くことが大切です。

日常の中で、ものごとに混乱したり恐怖を感じてしまうときなどは、まず黄色を見て自分の内面をゆっくり考えてみましょう。すると、自分の本来のアイデンティティを確立したり、自分らしく輝くことを自然とサポートしてくれるでしょう。このようなことから、黄色という色は自分を知って自己実現していく上で大きくサポートしてくれる色でのです。簡単にいうと「ネガティブからポジティブ」にしてくれる色といってもいいでしょう。また、普段から身に付ける洋服やアクセサリーを黄色のものにすると運気も前向きなものになるはずです。

赤い糸の話

くるくるお空

 

 

縁結びの逸話で、赤い糸の伝説があります。赤い糸の伝説は中国に伝わる故事「太平広記」の中の逸話一つです。中国では本来は赤い糸は足首に付いているものですが、日本では手の小指に付いているとして伝わっています。日本や中国だけではなく、世界各国に赤い糸の伝説は広まっています。ユダヤ人の間では、縁結びとしてではなく、魔除けとして赤い毛糸を左手首に巻く習慣があります。

他にもアメリカでも幸運のお守りとして赤い糸が用いられています。仏教圏ではダダリ手首に赤い糸をお守りとして巻いているところもありますし、日本では戦時中におまじないとして千人針と言って手ぬぐいに千人の人が赤い糸を一張塗って結び目を作ってもらうというものもあります。
日本では、縁結びにに縁のある土地として、神社が選ばれる場所があります。例えば出雲大社では、縁結びの神様である大国主大神(オオクニヌシノミコト)を祀ってあるとし、恋愛成就に効果があると言われています。出雲大社だけでなく、他の神社でも様々な神を祀っており、縁結びに対してご利益があるところは多いです。一般的な探し方の一例として、インターネットで検索し、探すのが便利です。

自分の地元から遠くの有名なところまで様々な神社の詳細な情報を得ることが可能です。
縁結びのその他の有効な方法として、占いやパワーストーン、パワースポットがあります。占いの場合、インターネットでの占いでも相性を確認できる方法があります。四柱推命といい、自分と相手の生年月日と生まれた時間を入力し、相性を占うことができます。四柱推命は膨大なデータを元に当てはめていくものであり、パソコンの占いでも効果はあります。他にも、恋愛に効果のあるパワーストーンを所持したり、パワースポットをで告白することにより恋愛成就しやすくなるなどの効果もあります。しかし、どれも科学的根拠にはかけます。

しかしながら、これはいわゆる心理的な面に大きく作用します。失敗を恐れて行動しないところをこれらの要素によって自信をつけ、効果があると想いこむことで失敗を恐れずに踏み込むことが出来るといった効果もあり、心理学的な要素は含まれています。

おすすめの記事