占いで自分を知る

立っている女性人はこれから自分に起こる未来のことを知りたがるものです。人生は何が起こるか予想がつかず、不安になる人も多いでしょう。人生の節目で起こる出来事がわかれば、よりよい解決策や対策が立てられます。自分の未来がわかる方法として、昔からあるものが占いです。占いは遥か古代の日本からすでにあった人間が生きる上での知恵です。

現代のように気候を予測するコンピューターもないため、よい作物ができるかどうか占い豊作を願っていました。日本人には占いが生活に深く関わっていたのです。
個人的に占いをしてくれるところも多く、年始には今年の運勢を占うサイトや雑誌の特集が組まれ占いを目にする環境ができています。現代には様々な占いがありますが、その1つに九星気学があります。九星気学とは、生まれた年から9つのグループ分けをして運勢を占う方法です。この占い方法はとてもメジャーで、書店にたくさんの関連書籍が置いてあります。

星占いなどで有名な西洋占星術ではなく、中国で生まれた歴史の長い東洋占星術となります。厳密にいえば九星気学は占いではなく人の行動を分析し、それを元に導き出した確率統計学なのです。9つのグループに分けることによって、その人が向いている仕事や持っている能力、人同士の相性がわかるようになります。これを元にどんな人生を送れば成功しやすいか、調子の悪い時期を見分けて正しく人生を歩む道しるべとなるものが九星気学なのです。
自分の内面をさらに深く知る方法として、「傾斜法」があります。傾斜法は九星気学の本質となる本格的なものです。この傾斜法を行なえば、自分の内面をより深く理解することができ、自分がわからなくなって進むべき道に迷ったときに役に立つでしょう。

全ては自分の心が決める

恋愛運アップを望む女性に必要なことはたくさんあります。どうして恋愛運アップしたいのか冷静に考えてみましょう。恋愛は人間関係の1つで、人間関係は自分の鏡といわれています。自分の取った行動や発言は相手にどんな形であれ響いています。まずは、自分の行動を振り返ってみることが大切です。

自分を大切にしてくれないパートナーや一緒にいてもステップアップできないような相手とずっといても、自分を成長させることはできないでしょう。むしろ、自分の更なる成長を妨げる場合もあるので、まずはそういった相手との縁を断ち切ることが恋愛運アップに繋がっていきます。自分を大切にする意味でも、次に進むことはとても大切です。
言葉には昔からパワーがあるといわれています。自分から発した言葉はそのまま自分に跳ね返ってくることがたくさんあります。現状が満足いかないものであっても、愚痴をこぼすことで更に悪い環境を引き寄せることがあります。今を前向きに捉え、明るい言葉や希望のある言葉を発するようにしていきましょう。愚痴や悪口ばかりいっている人のまわりには、よい人は集まってきません。集まる人の中に自分の運命の相手がいる可能性もあるのです。
人を惹きつける魅力というのは、外見だけではありません。その人から発せられるオーラや雰囲気は、外見と同じくらいその人の魅力の一部になることがあるのです。余裕がなくイライラしている人は、いつのまにかそういうオーラや雰囲気をまとうようになってしまいます。気分を切り替えるためにも、パワースポットに行ってモチベーションを上げたり、部屋を掃除したりするなどして心の中から恋愛運アップをしていきましょう。

強力なサポート

おまじないは子供の頃、誰しもやったことがあるでしょう。身近に存在するおまじないはたくさんあります。人前で何か発表するとき、緊張を和らげるために手のひらに「人」と書いて飲み込む真似をしたりするのもおまじないの1つとされ、多くの人に広まっています。

おまじないは、手軽にできるものとして広まっていますが、呪いの一種であり間違った使い方をするとよくありません。今ある環境や現状を変えたくておまじないを実施する人もいるでしょう。まずは自分の環境やまわりの人に感謝することから始めることをおすすめします。願いを叶えたいばかりに目先のことにとらわれすぎて、恵まれている環境を忘れてしまいがちです。

1つ願いが叶うと対して努力をしなくても願いが叶うと思い込んでしまい、おまじないばかりに頼ってしまうことがあります。願いを叶える努力はもちろん行ない、補助的な意味合いでおまじないを実行するとよいでしょう。
おまじないによく登場するものが呪文です。呪文を唱えることにより、おまじないの効果をアップさせています。手順が大切になるので、決められた手順を守るようにしましょう。手順があいまいだと、効果がきちんと発揮されない場合がありますので、手順をあらかじめ確認しておき間違えないようにするとよいです。準備するものがあるときは、きちんと揃えてからやるようにします。代替え品で行なった場合、効果が発揮されない可能性もあります。おまじないは自分をサポートしてくれるものの1つという認識でいると成功しやすいでしょう。

最初から持っている力

崖 女性人間には潜在意識と顕在意識があり、普段の生活では顕在意識を使っています。潜在意識は無意識とも呼ばれており、人間の生活を支えているのです。初めて来た場所で「なんだか嫌な感じがする」といった危険を察知したり、ふっとよいアイデアが浮かんできたりするのも潜在意識が働いているのです。

普段やり慣れている行動を、何も考えなくても無意識でできるのも潜在意識のおかげです。無意識で思い浮かんでしまう考えは、普段から頻繁に考えてしまう内容です。恋人と別れてしまったという悲しい気持ちでいつもいると、その気持ちが心に刻み込まれてしまいます。復縁を望むなら、悲しいという気持ちは一旦リセットしておかなくてはいけません。

潜在意識は否定することができないので「恋人と別れてしまったこと」だけにフォーカスを当てて考えてしまうと、その考えを無意識に実行に移そうとしてしまいます。別れた事実は一旦置いておき、復縁が成功しているシーンを思い描くようにしましょう。「復縁できないかも」という思いを、潜在意識にインプットさせないようにしていきます。
物事に対して達成する可能性が低いと、人間はやる気がなくなりモチベーションが下がってしまいます。絶対に復縁できるという気持ちを持ち続けることも大切ですが、残された可能性のほうに注目する冷静さも大切です。
これから起こる未来は誰にもわかりません。こうなってしまうかもという思い込みは、同じ現実を引き寄せてしまうことがあります。潜在意識を上手に利用して復縁できるよう努力してみましょう。

おすすめの記事