占術の一つとして

世の中には多くの占いが存在しており、全てがその人にとって良いものとは言えないでしょう。しかし、占いにより人生をより良い方向に導く事も可能な場合があり、利用した方が良い場合もあり得ます。数ある占いの中から良いものを選ぶためにも、評判の良い占いなどから試していくと良いかもしれません。そのような占いの一つに九星気学などが挙げられ、生まれた年月日や干支、五行を組み合わせた占術です。九星気学は良い占術の一つと言えるかもしれませんが、良いものを選ぶためにもいきなり有料のサービスなどを利用するのは、良くない場合もあり得ます。様々な九星気学を提供しているサービスが存在するでしょうが、良いものを選ぶために注意しましょう。

九星気学を提供するサービスなどを利用する際には、無料のものなどから試してみる工夫でメリットを得る事ができるかもしれません。無料のものから利用する事で費用負担に関しても削減できますし、多くのサービスを試す事ができ良いサービスを見つけやすい可能性があると言えるでしょう。インターネット上などで探してみれば無料で利用できるものも存在するかもしれませんので、探してみるのも良いと言えます。無料で利用できる範囲は、有料版に比べて狭い範囲しか利用できないかもしれませんが、良いサービスかを判断する基準の一つになると言えますので、行ってみるのも良いのではないでしょうか。これにより、より良い人生の一つの判断材料になるかもしれませんので、前向きに検討してみると良いと言えます。

好きな人が戻ってくる方法

復縁おまじないと言われているものにはたくさんの種類があり、どの方法を選ぶかによってその効果も全く異なってきます。また、おまじないをすることが多いのは、やはり圧倒的に男性よりも女性の方が多いと言われています。おまじないは一種の占いのようなものであるため、一般的に占い関連が好きな女性のほうが、その効果を素直に信じて実行してみることが多いからです。復縁おまじないをするときには選んだ方法によってその効果も成就率も全く異なるため、どのやり方を選ぶかが大切になってきます。しかし、復縁に関するおまじないの種類は世の中にたくさんあり、その全てを試してみるのは困難なため工夫して探すことが大切になってきます。最もおすすめな方法は、口コミを見て自分に合いそうなものをある程度絞って比較的誰でもできる簡単なものから試してみるということです。

復縁おまじないを実行すると決めたら、途中で投げ出さず目的をしっかり持った上でし続けるということが大切です。目的とは、また付き合いたいと思っている元彼、もしくは元彼女との復縁成功です。また、自分に合っていないと思ったおまじないは避けるようにし、もし始めてみて楽しい気分で出来ないなと感じたおまじないがあったら、だらだらとし続けるのではなくすぐ止めてしまいましょう。復縁のためのおまじないのほとんどは、復縁したい相手のことを思いながら前向きな気持ちですることで、復縁成功をサポートするものが多いです。そのため、中途半端な気持ちやネガティブな心でやると、回りまわって自分自身にも影響が出る場合もあり注意が必要です。

潔癖さが幸運の鍵

乙女座

あなたは、どの占いを信じますか。もっとも身近な占いというと星座占いがありますね。これは西洋占星術の簡易版であり、その人の生年月日だけで何座なのかを判別し、運勢を占って行く方式です。例えば、1990年1月6日生まれの場合、やぎ座となります。これを西洋占星術で詳しくいうと、太陽星座がやぎ座となります。この太陽星座とは、その人の一生に大きく影響を与える基本的な資質を表す星のことです。このように星座占いとは、西洋占星術を簡易化して今日の運勢などを占っていくものなのです。さて、2016年の運勢を見る上で重要となってくるのが、幸運の星『木星』です。西洋占星術では、太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星、それぞれに意味があり、それがどの星座のハウスにいるのかによって意味を捉えていきます。2016年、この幸運の星『木星』は乙女座のハウスにいます。

さて、幸運の星『木星』が2016年乙女座のハウスに入室しました。乙女座とは、どんな星で私達にどのような影響を与えてくるのでしょうか。西洋占星術における乙女座とは「完璧主義な潔癖症」と言えます。乙女という可愛らしい少女よりも、清純な潔癖な聖女的な意味を強く保つ星であります。そんな乙女座に幸運の星『木星』が入室した2016年はどのような年なのでしょうか。まず第一に「潔癖さ」が社会全体に求められるでしょう。お金に関する不正は特に厳しい批判に晒されそうです。仕事の場合、正確性や緻密性が高い仕事を熟すことで大きな評価を得られそうです。恋愛においては、ピュアで誠実な恋愛が第一に求められ、肉体関係よりも精神的な繋がりが必要とされるでしょう。

年の初めの運試し

おみくじ

2016年という新たな年を迎えるにあたって、その年の初めの運試しとして積極的に利用したいのが、おみくじです。おみくじは、年始に初詣で赴く各神社で引くことが可能となっており、大吉や小吉、凶といった明記で、一年間の全体を通しての吉凶を提示してくれると共に、たとえば学問、健康、金運といったように、より細分化した項目に対しての個別の運勢を提示してくれる物でもあります。おみくじにおいては、この個別の運勢で何が語られているのかという点が、より重要視されるものであるということは覚えておくといいでしょう。2016年の運勢を占うに当たって、気軽に利用することができる物でありながら、2016年がどのような年になるのかを広い視点で占うこともできるのがおみくじなのです。

2016年はもちろんのこと、次の年の2017年も日本でオリンピックが開催される2020年も、またより先の年代に際しても、年の初めの定番として今後も長く親しまれていくことが予想されているのも、おみくじの特徴と言うことができるでしょう。日本においては、鎌倉時代から続く数百年の歴史を持つ伝統の運勢占いでもあるため、今後突然なくなるということは、想定されていない運勢占いでもあるのです。毎年利用することで、その年がどのような年になるのかを知る事ができ、また万が一悪い結果が出てしまった際には、おみくじを神社の境内にある樹木の枝に結びつけることによって、厄払いを行なうことも可能となっているため、一年を気持ちよく過ごすためにも、積極的に利用していくといいでしょう。

おすすめの記事