今回はキラキラ可愛く、置くだけ・身に付けるとストレスフリーになれると噂の『オルゴナイト』の存在に迫ってみました!

オルゴナイト?何それ?

聞き慣れない方もいるでしょうが、このオルゴナイト近年スピリチュアル業界で注目の的なんです。

代表的なモノだと、このようなのピラミット型の置型。

中にはパワーストーン、金属片、銅線などが含まれています。

オルゴナイト オレンジ

引用:https://goo.gl/XSGVci

ネックレス オルゴナイト

引用:https://goo.gl/Fqy91x

『綺麗で可愛いけど、コレの何が癒やしに繋がるの??』

そうなんですよ。一見単なる置物、アクセサリーにしか見えないオルゴナイト。

でも、この可愛さに秘められた癒やしパワーは絶大!?

どのような効果があるのか、体験談や作り方など私なりにまとめてみました!

オルゴナイトが作られた意味

そもそも、なぜこのオルゴナイトが誕生したのか?

それを紐解くために簡易的ではありますが、創設者の紹介とオルゴナイトの歴史に触れてみたいと思います。

【オルゴン・エネルギー】とウィルヘルム・ライヒ博士

ウィルヘルム・ライヒ博士

引用:https://goo.gl/tiDWM1

■精神医学者:ウィルヘルム・ライヒ博士(Wilhelm Reich )

  • 1939年 ナチス(ドイツ)からノルウェーに亡命。
  • 当時、オスロ大学で研究中だった、『自然界に存在するエネルギー(オルゴン)』を発見。
  • 『オルガズム』という言葉の由来をうけオルゴンと名付けられる。
  • 当時この研究は批判の的となり、ニューヨークからメイン州レーンジュエリーに転居を余儀なくされる。
  • 支援をうけオルゴン研究所『オルゴノン』を創設。
  • ロバート・マッカローらとともにオルゴンの研究に取り組む。
  • 1941年にはかの有名なアルベルト・アインシュタインに、オルゴンの存在を公開したと記述が残る。
  • オルゴン・アキュムレータ『オルゴン蓄積器』、クラウド・バスター:『オルゴン放射器』を発明。
  • 『生物学的オルゴン療法』や『物理学的オルゴン療法』を打ち出すも、様々な理由から研究や商品販売が幾度となく中止される。
  • 結果的に、1957年の11月3日に心臓発作が原因で死去。

ウィルヘム・ライヒ博士の研究は密かに引き継がれ、更なる研究が進み今日のオルゴナイトとして形成されました。

現在、日本におけるオルゴナイトの認識は次のようなものになります。

日本におけるオルゴナイトの認識

幻想的な風景

  • 環境改善
  • 電磁波除去
  • ネガティブエネルギー除去
  • デトックス効果
  • リラックス効果

この様な認識は2000年頃から始まったGIFTING(ギフティング)に影響を受けたものと考えられます。

2000年頃、アメリカの Don Croft ドン・クロフト氏と、その妻でサイキックの Carol キャロル氏は、ヴルツ氏の開発したオルゴナイトにクリスタルを加えることにより、そのパワーを増幅させることができることを発見しました。

彼らはこれらの技術を「世界を平和へ導く技術」として無償で公開し、GIFTING(ギフティング)と呼ばれる運動を提唱しました。

「この情報を得た人々が自分自身でオルゴナイトを作り、それを有害な電磁波を発生させている鉄塔の近辺や、水がよどんでいる地域などに埋めて欲しい」というものです。

現在も、世界中でオルゴナイトが作成され、ギフティングが行われています。
 引用:https://goo.gl/tiDWM1

筆者個人はオルゴナイトの見た目が綺麗なことに惹かれたくち。

ですから、こんな綺麗な物がこんな凄いパワーを秘めているのかと驚きました(;´∀`)

青色オルゴナイト

引用:https://goo.gl/dXyKrZ

オルゴナイトのエネルギー源『オルゴン』とは?

オルゴナイト 構造

引用:https://goo.gl/N9YTSO

少々難しい解説が続きましたが、オルゴナイトは結構シンプルな作りなんです(*^^*)

有機物+無機物=オルゴナイト

これだけでエネルギーが発生、凄い(笑)

  • 有機物➔草・木・自然界に存在する物
  • 無機物➔石・ガラス・鉄・アルミニウム

この2つの物体を合わせ、樹脂で固めると生命エネルギーであるオルゴンが発生!

より強力なパワーを発生させるには、無機物である水晶やパワーストーンを加えること。

すると、電圧(ピエゾエレクトリック効果)が高まるとのこと♪

実際、販売されているオルゴナイトの多くは、ポイント水晶が使用されています!

(水晶+ラピスラズリを使用することで、更にパワー炸裂ですね♪)

ラピスラズリ オルゴナイト

引用:https://goo.gl/Xi9R7U

 オルゴナイトは自分でも作れちゃう!

オルゴナイト、実は自分でも作れちゃうんです(*^^*)

材料さえ集めてしまえば、自分好みのオルゴナイトを作ることが可能に♪

筆者はまだ作ったことがないのですが、梅雨があけた頃の太陽光で作成しようかと目論んでいます。

オルゴナイトの材料を集めよう!

オルゴナイトを作る為には、いくつかの材料を揃える必要があります。

今回は簡易的な説明に留めるので、気になる方はご自身で検索してみて下さい♪

オルゴナイトの材料

オルゴナイトキット

・エポキシ樹脂(主剤・硬化剤)
・カラー・アルミ針金
・銅針金
・水晶ポイント
 ・クラック水晶
・ヘマタイト
 ・黄銅カール
 ・ピラミッド型
・スタンド
 ・ヘラ
 ・サザレ(水晶) 約40g

引用:https://goo.gl/uYcUk1

材料を1つ1つ集めても良いのですが、初心者の内はキットで揃えると楽でしょう♪

赤文字にしている材料は基本中の基本、これがなければオルゴナイトではなくなるので、材料購入の際は注意しましょう!

オルゴナイトの作り方

基本の作成方法なので、色々と割愛しています(;´∀`)

作成自体すごい簡単なので、材料や完成形を見るとイメージできる方もいらっしゃるのかと。

STEP1

まずは樹脂(主剤・硬化剤)を混ぜて液状に下準備。

メーカーによって混合する割合は異なりますが、基本は2:1の割合になっています。

これを量らず目分量で配合すると、硬化しないので要注意!

紫外線により樹脂の硬化が始まるので、太陽光なら1日~2日で硬まるでしょう。

冬場をそれ以上かかるでしょうが、ジェルネイルに使用するLEDライトで時短できちゃいます!

しっかりと混ぜることで硬化がしっかりとします。

混合する際に発生した気泡は、爪楊枝や竹串で潰しておくと仕上がりにムラがなくなります。

STEP2

オルゴナイト 手書き

(下手ですいません 汗;)

銅針金をポイント水晶にぐるぐると巻き付けます。

このパーツがあることで、ピエゾ効果が生まれ微弱電位が発生。

需要なパーツになるので、先が尖った綺麗な水晶を選びましょう♪

銅針金はできるだけ等間隔で巻きつけると見栄えも良くなります。

STEP3

材料が準備できたら、型に樹脂を流し込み各パーツを入れていきます。

この際、完成形をイメージしながら配置するようにしましょう。

材料を入れる際は、気泡が出ないようにそっと入れましょう。

これでオルゴナイトが完成です!

私の説明は割愛し過ぎました、メイクング動画をどうぞ!

最初からメイクング動画を見ながら作れば、私の言葉足らずな説明は不要でしたね(笑)

検索の際『オルゴナイト 作り方』と打ち込めば、結構な数のメイクング動画を発見!

この他にも、様々な作家さんがオルゴナイトのメイクング動画をUPしていました。

自分でオルゴナイトを作ってみたい方、是非参考にしてみて下さい♪

基本系の作成に慣れたら、色々なグッズにアレンジすることも可能です。

オルゴナイト 種類

オルゴン治療やオルゴン療法に注目が集まる理由

オルゴナイトの主な作用は『癒やし』にあると考えて良さそうです。

近年、その癒やしを超え精神的、または肉体的な治癒に活かせるのでは?と注目や研究が進んでいます。

オルゴナイトの癒やしパワー

オルゴナイトの癒やし効果は次のようなSTEPで発動します。

オルゴナイト 三角錐

引用:http://orgonite13.shop-pro.jp/

①オルゴナイト内部で微弱電位とエネルギーの変換が行われる。

②樹脂を始めとした有機物が、ネガティブなエネルギーを吸収。

③水晶のピエゾ効果で発生。

④ピエゾ効果によって生まれた微弱電位が、ネガティブ➔ポジティブなエネルギーへと変換。

④金属を始めとした無機物を伝い、ポジティブなエネルギーが外部に放たれる。

⑤永続的に変換されるエネルギーのおかげで、人体、空間、土地などあらゆるものを癒やす。

オルゴナイトが吸収するマイナスエネルギー、ネガティブエネルギーの1つに『電磁波』があげられています。

この電磁波除去に役立つのがオルゴナイトというわけです。

電磁波がなぜネガティブなのか?次で説明してみたいと思います。

電磁波がなぜネガティブエネルギーなのか?

電磁波には大きく分けて3つの作用があります。

「刺激作用」ピリピリ・チクチク感じる刺激

数10Hz(ヘルツ)の低い周波数でだと、皮膚または体の末端にピリっとした刺激を感じることがあります。

金属に電波が伝わり、それに触れるとわずかながら電流の流れを感じます。

電波があたっている金属にさわると、人体に電流が流れます。

「ビリビリ」「チクチク」っといった感覚ですね。

この刺激作用は周波数が高くなるにつれ、感じなくなるといった特徴があります。

ですから、ピリピリいやな感じが増大することはありません。

「熱作用」体温が上がり熱いと感じる

電波が人体に伝わると起こるのが熱作用です。

電波が当たった部位反射が起こり、一部は吸収されていきます。

この吸収された電波が熱となり、体温を上昇させるのです。

この体温上昇によって起きる生体作用を「熱作用」といいます。

熱作用に関しても、高い周波数になればなるほど作用が薄まっていきます。

日常的に数100Hz(ヘルツ)もの電波にあたる事はそうないので、熱作用の影響に怯えることもなさそうです。

「非熱作用」遺伝子損傷・腫瘍の発生

※因果関係については研究段階です。

刺激作用と熱作用以外の作用に、非熱作用という解釈があります。

弱い電波により遺伝子が損傷や、脳腫瘍や白血病などのがんが発症してしまうのでは?ということが度々議論されています。

しかし、公的機関や国の公式は発表によれば、因果関係は成立しておらず熱作用以外の作用はないとのこと。

電磁波を発する機器の代表格は、スマホ。

レンジやIH調理機器・器具も今や生活に密着しています。

日常的に使用するモノが多く、これらが人体に何らかの影響を与えいるとなると……、考えただけで恐ろしいです。

一部の研究者の間では下記の様な影響があるされています。

電磁波の影響

引用:http://denjiha-clinic.com/1-2.html

これらが本当なのか立証するよりも、情報としてこのようなネガティブな面もあるのかも、っという認識に留めておくと良いのかもしれません。

仮に、電磁波が何らかの悪影響を及ぼすとしても、完全に遠ざけることは無理に等しいでしょう。

だからこそオルゴナイトを装備し、少しでも負のエネルギーを貯めないようにするのです。

オルゴナイトは電磁波除去に最適なアイテム!

オルゴナイトの電磁波除去の様子を動画にまとめられています!

こんなに測定器の針が動くとは、オルゴナイト凄い(!O!)

置型のオルゴナイトをよく使う部屋に置き、ヘアアクセサリーやキーホルダーなどで常に携帯する。

そうすれば、どこへ出向いても電磁波からの影響は少なくなりそう!

電磁波の影響に関しては目に見えるモノでもないため、最終的にはご自身の体感に委ねられることとなります。

筆者個人は、オルゴナイトの見た目に惹かれ存在を知ったくちですから、電磁波に怯えているわけではないですね(;´∀`)

しかしながら、オルゴナイトを知る内に電磁波の存在を知り、余計にオルゴナイトが欲しくなったのは言うまでも無いです。

オルゴナイトまとめ

置型しずく オルゴナイト

引用:https://goo.gl/cRaqr4

オルゴナイト、本当に不思議な物体です。

近年ではメモリーオイルやエナジーモチーフを足し、オリジナルのオルゴナイトが作成されています。

色や形、用途も多種多様。

一家に一台どころか、1人1つ持つ時代に突入しているのかも?

とは言え、オルゴナイト自体見た目がキラキラと可愛いため、その姿や色に癒やされている人もお多いのです。

スピリチュアルな観点でオルゴナイトを採用するかどうかは置いておいて、見た目の可愛さからインテリアとして購入してみてはいかがでしょうか?

可愛いから飾る➔癒やし効果炸裂➔何だか調子が良いぞ!

このぐらいゆるい感覚の方が、気負わないかなと筆者は思っております(*^^*)

オルゴナイト、興味のある方は是非チェックしてみて下さいね♪

おすすめの記事