水晶玉

運勢ということについて

 

運勢というのは名前、生年月日、星座、血液型、性別、年齢、出生地、干支など様々なことで占うことができます。また、運勢というのは判断の仕方が流派によってことなります。一例をあげますと、名前は画数占いや四柱推命といったことで運勢を決める時があります。この決め方としては流派によってことなることが多く、すべての人にとって共通しないことが多いです。最も運勢が分かりやすいのは、親に名前を付けてもらった時に見てもらった人の流派が一番効果的だということになります。人によってことなることを言われるとわかない点が多くなるので、名付け時に良いことを記載されているものを運勢として見る方が分かりやすい方法になりますのでオススメしたいところです。

 

どのようにしていくのか

 

この様に占いを見ていった時に参考になる方法があります。それは、運勢自体が自分に思い当たることがあるからこそ当たっていると思うのです。2015年はどんな運気なんだろうと気になっている方も多いと思いますが、2015年になったときから気になっている方や2015年になる前に気になっていた方もいるかと思います。これからのことから2015年の運勢というものは、気になっているからこそ調べるものになっています。どの占いにするかは自分が気になっているところを参考にすると良いのです。信頼するという表現も間違えつつあるということもあります。これは、信頼しすぎて間違った方向になってしまいますので注意しましょう。信頼よりも参考にするということを大切にすべきです。

 

占いの歴史と起源やルーツを知る

占い 太陽

占いの歴史の中で有名なのが卑弥呼で、占いによって邪馬台国を治めていたのが有名になります。 その後、祈祷師と呼ばれる人が、結果をもとに助言したり災いから村を守ったりしたのです。 昔の人は、天の声が聞ける人として、祈祷師を重宝していました。 大和時代、奈良時代に占いと呼ばれる様になり、方法も中国から伝来した太占で、動物を焼いた後に残る骨などの状態を見て、判断していたのです。 平安時代や鎌倉時代に入ると、占いが盛んになりました。 人相や夢、水晶などが出て来て、さらに江戸時代になると陰陽師が活躍します。 その後、明治維新には貴族や庶民に恋愛や仕事などを占う人が定着し、現在の無料占いや有料占いになるのです。 現在では、恋愛を占う人や仕事運を占う人、金運や健康運などを占う人が多いでしょう。 種類も豊富で、手相や占星術、星座にタロット、四柱推命などがあり、朝のニュースには12星座の無料占いが定番になっています。

 

無料占いは種類色々あるので楽しめます

占いの種類

最近は、電話で占いをしてもらう人が増えています。 メールでも占いが出来ますし、顔を見る事無く占いが出来るのです。 また、無料占いだけでも、色々な方法があります。 最近では、インターネットで利用出来るので、手軽に出来るでしょう。 無料占いなので試しに利用する事も出来ますし、知りたい事を簡単に占う事が出来ます。 恋愛運や仕事運、金運や健康運など、どれでも大丈夫です。 本格的に仕事運を占う人や恋愛運や総合運などを占う人なども多くいて、中には当たると有名な占いもあります。 インターネットで検索するだけなので、簡単です。 星座占いやタロット、オーラに色、夢や犬もあります。 面白い占いもあるので、悩みがなくても気軽に楽しめるのが魅力でしょう。

血液型】の関連記事
  • 水晶玉
    星座や血液型、自分の運勢を知る為の様々な方法を楽しむ
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。